ABOUT US バイオラブについて

植物療法から生まれた国産スキンケアをあなたへ

美しい肌をあなたへ

美しい肌とは、健康で、内側から溢れ出るような、生き生きとした輝きを持つ肌です。
一人一人みな姿かたちが異なるように、肌にも個性があり、異なる美しさがある、とバイオラブは考えます。
誰もが本来持っている、それぞれの美しい素肌。その眠っている力を呼び覚ます。
バイオラブは、その答えを「植物療法(フィトテラピー)」に求めました。
それは、植物の力を利用して、肌・心・身体のバランスを整えることで、人間の身体に備わる肌が自ら美しくなろうとする力につなげていく、ホリスティックなスキンケアです。
トラブルの起こりにくい健やかな状態に導いてゆく。
化粧品の力による一時的な改善ではなく、素肌そのものが健康になることを目指します。本当の美しさを、すべての肌へ。
BIOLAB 伝統植物療法を肌の力へ

植物療法とは

植物療法(フィトテラピー)とは

植物の力を利用して人間が本来もっている自然治癒力に働きかけ、身体や肌のトラブルなどの「手当て・病気の予防」をするヨーロッパの伝統医学です。
語源 「Phyto = 植物」、「therapie = 療法」

フランスやイギリス、ドイツ、ベルギー、オランダでは、「フィトテラピスト(植物療法士)」という国家資格が設けられており、医師や看護士、カウンセラーらと共に、植物を使った治療やカウンセリングを行っています。
ヨーロッパでは植物療法は医療分野での活用だけでなく、人々の暮らしに深く浸透しています。

植物 イメージ

生命力に満ちた80種類以上の植物

植物は、過酷な自然環境の中で自分自身を守り、生き抜いてゆくためのバイタリティが非常に発達した生物です。
乾燥時は水分を保持し、多湿なら放出するという調整機能や、強い日差しの下では紫外線を吸収するといった自己防御機能、また自らが傷ついたときにダメージを修復し再生する機能など、驚くべき生命力を持っています。
このように植物の調整機能や再生力を人体に適応させたり、スキンケアに生かしたりすることはとても効果的であり、なくてはならないものなのです。

植物 イメージ

バイオラブは、エネルギーに満ちた植物成分を80種類以上も配合しています。
植物の確かなチカラを実感して頂けます。

配合植物(一例)
ゼニアオイ
ゼニアオイ
保湿・ハリ
セイヨウキズタ
セイヨウキズタ
肌荒れ防止
レモン
レモン
キメを整える
ローズ
ローズ
ハリ・ツヤ

体質からのアプローチ

体質を知ることで、スキンケアはよりパーソナルで効果的に。

同じスキンケアを行っても効果に差が現れるのは、肌質だけでなく体質が異なるから。

個々の体質は、生まれる前に母体内で繰り返される細胞分裂のなかで、どの胚(外胚葉・中胚葉・内胚葉)が発達するかによって決まります。

一人一人にぴったりと合った、自然なケアを見つけるために、バイオラブでは、「体質類型」の考えを用い、先天的な体質・肌質を把握し、現在の肌状態やトラブルを考え合わせた、パーソナルケアレシピを導き出しています。

あなた自身の体質・肌質を知ることで、健やかな素肌へより早くアプローチを。

スキンケア イメージ

体質類型とは

「体質類型」とは、先天的体質を3つの基本タイプに分けた、体質分類の考え方です。

身体は私たちが生まれる以前、お母さんのお腹にいる間、約10ヶ月かけて徐々に形づくられます。その身体のもととなるのは「胚」といわれるもので、受精卵が細胞分裂を繰り返す経過で出来あがっていき、3つの組織(外胚葉、中胚葉、内胚葉)から成り立っています。

「胚」の外側の細胞組織を「外胚葉組織」といい、神経系統や毛髪、皮膚の表皮となります。内側の「内胚葉組織」は消化器系などになり、この2つの胚葉組織に挟まれた「中胚葉組織」は骨格や筋肉になります。

胚の3つの組織
胚の3つの組織

この3つの組織(外胚葉、中胚葉、内胚葉)のどの部分が一番発達して生まれてきたかで、各人の先天的な体質が決まると考えられています。