体質からのアプローチ

体質を知ることで、スキンケアはよりパーソナルで効果的に。

同じスキンケアを行っても効果に差が現れるのは、肌質だけでなく体質が異なるから。

個々の体質は、生まれる前に母体内で繰り返される細胞分裂のなかで、どの胚(外胚葉・中胚葉・内胚葉)が発達するかによって決まります。

一人一人にぴったりと合った、自然なケアを見つけるために、バイオラブでは、「体質類型」の考えを用い、先天的な体質・肌質を把握し、現在の肌状態やトラブルを考え合わせた、パーソナルケアレシピを導き出しています。

あなた自身の体質・肌質を知ることで、健やかな素肌へより早くアプローチを。

体質類型とは

「体質類型」とは、先天的体質を3つの基本タイプに分けた、体質分類の考え方です。

身体は私たちが生まれる以前、お母さんのお腹にいる間、約10ヶ月かけて徐々に形づくられます。その身体のもととなるのは「胚」といわれるもので、受精卵が細胞分裂を繰り返す経過で出来あがっていき、3つの組織(外胚葉、中胚葉、内胚葉)から成り立っています。

「胚」の外側の細胞組織を「外胚葉組織」といい、神経系統や毛髪、皮膚の表皮となります。内側の「内胚葉組織」は消化器系などになり、この2つの胚葉組織に挟まれた「中胚葉組織」は骨格や筋肉になります。

胚の3つの組織

外胚葉:表皮、爪、毛髪神経系 などが発生する 中胚葉:骨、筋肉、血管 などが発生する 内胚葉:消化器系などが発生する

この3つの組織(外胚葉、中胚葉、内胚葉)のどの部分が一番発達して生まれてきたかで、各人の先天的な体質が決まると考えられています。

3つの基本タイプと特徴

  表皮・神経系が発達している
【外胚葉タイプ】
真皮・骨格が発達している
【中胚葉タイプ】
皮下組織・消化器系が
発達している
【内胚葉型タイプ】
  周囲に敏感、スレンダーな感覚派 しっかりして正義感が強い、 本物追求派 そそっかしいけれど、 明るい社交派
体型特徴
  • 骨格が細くひょろりとした体型
  • 顔が小さく切れ長の目が
    すっきりとした顔
  • 筋肉質のしっかりとした体型
  • フェイスラインのしっかりとした、
    目鼻立ちのはっきりした顔
  • 丸みのある女らしい体型
  • ふっくらとしたフェイスライン、
    愛嬌のある顔立ち
体型特徴 流行に敏感で、研ぎ澄まされた敏感の持ち主。気温差や環境変化にも敏感なため、ストレスをためやすく、肌や精神にトラブルを起しやすいようです。 頑張り屋で粘り強いしっかり者。何事も一生懸命に取り組み過ぎて、それがストレスや不眠の原因になることも。肩こりや頭痛が生じやすい傾向があるようです。 細かいことにはこだわらず、朗らかな社交家タイプ。素直ですが、気分にムラが出やすいようです。消化器系が発達しているので、カロリーコントロールが必要。
肌質傾向
  • 表皮が発達して、
    比較的刺激には強い。
  • 肌色にくすみや黄ばみが
    出やすい。
  • 汗や皮脂の分泌が少なく、
    乾燥気味。
  • 真皮が発達して、皮脂分泌が
    過剰になりやすい。
  • 毛穴の黒ずみや
    吹き出物が出やすい。
  • 外線による色素沈着を
    起しやすい。
  • キメが細かく色白の肌。
  • 皮膚が薄く、外的刺激に弱く、
    炎症を起しやすい。
  • 皮脂分泌が少なく、バリア機能が弱いため乾燥しがち。
トラブルの種類 乾燥、活性不足、くすみ、シワ、ニキビなど 皮脂過剰、ニキビ、毛穴の黒ずみ、シワ、シミ、くすみなど 乾燥、敏感、赤ら顔、たるみなど
スキンケア
アドバイス
ストレスを軽減し 角質除去をこまめに
  • 老化角質除去でターンオーバー
    を正常化、活性力をアップ
  • 乾燥やくすみ対策に保湿を
    心掛ける
  • 自分なりのストレス解消法を
    見つける
清潔を心がけ、 コラーゲンの積極的摂取
  • 適度の運動でストレスを解消
  • 酸化皮脂や紫外線の影響による
    肥厚・硬化を予防するために、
    定期的な角質除去ケアを
  • 深いシワの予防に食事で
    コラーゲン質を多く取る
刺激の少ない早めの 老化予防ケアを
  • 摂取エネルギーに気をつける
  • 湿や保護をしっかりと
  • 早めのアンチエイジングケア

バイオラブについて About BIOLAB

  • バイオラブのこだわり Proud
  • 季節のおすすめ商品 Seasonal Item
  • 取扱店紹介 Shop List
  • BIOLAB BLOG バイオラブオフィシャルブログ
  • facebook